丹念な手仕事

​   精巧な美しさ

久留米絣は、江戸時代後期、現在の久留米市に生を受けた

井上 伝(1788年〜1869年)という女性によって発明されました。利発な一少女 伝12歳(1800年)時のインスピレーションから端を発した斑点絣、伝はその後も精力的に工夫を重ね、久留米絣の普及活動を続けました。さらに、1844年頃、牛島ノシが、久留米絣の代表的柄とされる小紋を考案、また大場太蔵が、絵や文字を自在に表現しようと工夫を重ねました。

(1839年)久留米絣は時代と共に奥行きを増しながら、日本全国で認められ、今に繋いでいます。

1957年 国重要無形文化財に認定

1976年 通産大臣指定伝統的工芸品に指定

久留米絣は、柄づくり(図案)から製反(最終仕上げ)まで30もの工程があり、そのひとつひとつの工程に経験と技を必要とします。

白糸で綿糸をくくり、藍で染めた後、織ると簡単に言えばそうなの

ですが、経糸の柄、緯糸の柄をきちんと合わせ〔美しい柄模様〕の

久留米絣が出来上がるまで二ヶ月ほどを要します。

職人達の〔丹念な手仕事〕、自然素材〔木綿の持つ風合い〕、素朴な中にも〔精巧な美しさ〕があります。久留米絣の魅力は、200年を越える時の集積・高度な技術の成果と言えるでしょう。

Copyright (C) 2017 Kunitakeorimono All rights reserved.