手織り

機械織り

手織りは大きな糸巻車を使用し、杼に入れる竹菅に緯糸を一本づつ巻き取っていきます。

手織りと機械織りによる織りがあり、どちらも経験と技術を必要とします。

手織りは、投杼機(なげひばた)という機械を使い、柄模様を合わせながら丁寧に織ります。

織り

​久留米絣ができるまで

経糸(タテ糸)の絣糸と地糸の糸数を割り出して、大枠に巻き取ります。

緯糸(ヨコ糸)は20本単位で、経の長さの中にある柄模様の数に応じて整え、

精錬、漂白、糊付を行います。

整経 せいけい

くくり 機械織り

経糸、緯糸とも柄部分を括って防染するための作業で手括り、機械括りがあります。この工程が仕上がりのよしあしを決めます。

染めを繰り返すうちに艶やかに輝く黒みがちの紺が現れます。

何度も水を替えながら、糸に付着した不純物と余分な染料を抜き、糸が乾燥しないうちに括糸を手早く解きます。

染色 化染 絣解き

地色以外の色を使用する場合の作業で、多彩な色柄が得られます。

摺り込み後、蒸すことにより色を定着させます。

摺り込み 差し色

糊付・乾燥

糊付は毛羽立ちを防ぎ、強度を強めて経糸の張力を均一化し、

絣乱れや糸乱れを防ぎます。製織を容易にするための作業です。

経糸を、柄を見ながら巻箱に巻いていきます。

経糸 タテ糸

緯糸 ヨコ糸

20本のトング(緯糸を巻く平板)を並べ、巻いていきます。

割込・筬通 さおとおし

絣の柄模様を絣着尺の巾に合わせるため、絵紙で決めた糸数にならって、

絣糸と地糸(括理のない糸)を組み合わせて並べます。

順番に並べられた経糸を、端から順に筬羽に通していきます。

手糊を落とすため、ぬるま湯に浸けることで布は収縮し、しなやかになります。

水洗いの後、竿にかけて天日で乾燥させます。

湯通し 水洗い・乾燥

織物を尺台にのせ、はさみでふしなどを取り、幅及び仕上がりを調べながら

所定の長さに切り、四つ折りに整反します。

整反 仕上げ